スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

who loved with..

hutami bridge03
Olympus E-620 + Zuiko Digital ED 14-42mm F3.5-5.6


二見公園を抜けると、名所・二見吊橋!

かっぱ淵に架けられた、赤が映える吊り橋です。




にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ


hutami bridge01
Olympus E-620 + Zuiko Digital ED 14-42mm F3.5-5.6


吊り橋とだけあって、高所恐怖症の方にはひとたまりもないでしょう。^^;

この日はやや風があったので、結構揺れました。


それでも…
この絶景が見れるなら、チャラじゃないですか?


hutami bridge02
Olympus E-620 + Zuiko Digital ED 14-42mm F3.5-5.6


ここがあの「かっぱ淵」です!

先日空倶楽部で紹介した二見岩もよく見え、絶景スポットとして有名です。
秋の紅葉シーズンは観光客ですごいんじゃないかな?



さて、このかっぱ淵…

この近くにダムができる前…明治時代の話になります。
この深淵には魚なんかも多く生息していたそうで、道路工事に従事していた青年がここで魚取りをしていた時のこと。

足をすべらせたわけでもないのに、引きずり込まれるように、川に沈んでいったのです。
通りかかった人が助けに飛び込みましたが、あまりの深さに救助はできませんでした。

そして青年は見つけられることのないまま一年…一周忌の夜。
彼の父親の夢枕に立ち、「私は今かっぱの妻と子供と一緒に幸せに暮らしている」と告げたそうです。

青年はたいそうな美少年だったと言われ、かっぱに魅入られたのだろうと言われています。


ですから「かっぱ淵」と呼ばれるようになったわけですが、それ以降遭難者はひとりもいません。




にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ

にほんブログ村ランキング参加中です*
みなさまの応援が励みになっています。^^

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://airly474.blog33.fc2.com/tb.php/71-753528c0

Comment

usagi | URL | 2010.12.02 09:44
かっぱのお話
じーんときました
歴史がつまった かっぱ淵
赤い吊橋も綺麗だし温泉もいきたいです

まこちゃん | URL | 2010.12.02 17:18
私も 河童のお話 じーんときました ☆
かず某 | URL | 2010.12.02 22:24 | Edit
こんばんは~~
かっぱ淵にこういうお話があったんですね~
深いな~。
物語を知って、この写真を見ると、又視点が違って、すごく良いと思います!
20世紀末男 | URL | 2010.12.02 23:04
何だか切ない話ですね。
言い伝えを知っているのと知らないのでは
見る世界が違ってきますね。
1-SHOW | URL | 2010.12.03 00:55 | Edit
吊り橋の写真みただけで、ゾワっとします。

sakiさん、あんな高いところから、よく撮影できましたね!
saki | URL | 2010.12.03 11:09
Re:usagiさん

定山渓のかっぱのすべてはここから始まってるんですよね~。
写真撮るにもかなり楽しめますよ!
saki | URL | 2010.12.03 11:10
Re:まこちゃんさん

いいお話ですよね。
ぽちもありがとうございます!
saki | URL | 2010.12.03 11:17
Re:かず某さん

そうですね~、物語を知ると、この淵で青年が魚取りしてる画や、溺れていく画のイメージもできますよね。
かなり深く観光できました。
saki | URL | 2010.12.03 11:20
Re:20世紀末男さん

そうですね~きっと知らないで行ったら、「綺麗な渓流!」なんて思って終わりだったかもしれません。^^;
saki | URL | 2010.12.03 11:30
Re:1-SHOWさん

わたしは高いところ平気ですよー
バカは高いところが好きと言いますしね。笑
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。